ズボラ主婦の戦闘記録

ブログ運営から家計や育児のこと、主婦の戦闘記録を残していきます。

【比較】洗えるガーゼマスクと使い捨てマスク。ウィルスには効果なし?




コロナウィルスも流行ってるし、マスクも売り切れ続出。。こんな時、使い捨てマスクより洗えるガーゼマスクの方が何回も使えるしいいんじゃない?結局、どっちがウィルスに効果あるの?



今回はそんな疑問にお答えします。




【比較】洗えるガーゼマスクと使い捨てマスク。ウィルスには効果なし?



結論、ウィルスを通さないマスクのフィルター性能だけを見ると、ガーゼマスクより使い捨てマスクの方が性能は高いです。



その理由としては、ガーゼマスクは結局目が粗いガーゼを重ね合わせただけなので、ガーゼの隙間を通れる大きさのものなら基本的に通してしまうからです。



それに対して、使い捨てマスク、一般的に不織布マスクと言われていますが、こちらは薄い不織布のなかにフィルターが入っているため、ウィルスを99%カットするものがほとんどです。



とはいえ、99%カットするから完全に予防ができるかと言われればそうでもなく、どうしてもマスクをつけた時に顔とマスクの間に多少の隙間ができてしまうため、その隙間からもウィルスは入ってきてしまいます。



そのため、マスク=完全にウィルスを遮断するもの、という認識は持たず、あくまで予防の一環として手洗いうがいなどの対策も怠らずに行うことが有効です。



洗えるガーゼマスクと使い捨てマスク(不織布マスク)はどんな人がおすすめ?



ここからはガーゼマスクと使い捨てマスクについて、もう少し詳しくまとめていきます。



ガーゼマスクは結局、ウィルス通しちゃうし意味ないんじゃないの?と思っている人も多いかと思いますが、実はそんなこともありません。



用途用途でガーゼマスクも使い捨てマスクもどちらもメリットがあるので、そのことを簡単にまとめていきます。


ガーゼマスク


ガーゼマスクについて、ざっとまとめてみるとこんな感じです。


⚫︎ウィルス効果:×
⚫︎経済面:○
⚫︎保湿力:◎
⚫︎つけ心地:◎
⚫︎防寒:○



ガーゼマスクは綿なので水分を含んでいます。そのため、使い捨てマスクよりは保湿力が高いといえますし、喉を乾燥から守ってくれるので、防寒・乾燥対策としてもガーゼマスクは有効です。




お子さんでもよくガーゼマスクを使っている方が多いですが、子どもの場合は特に使い捨てマスクのごわごわした感じが慣れない子が多いので、ガーゼマスクの優しいつけ心地が好評です。



結論、ガーゼマスクは防寒・乾燥対策をしたい人、肌に優しいものでないとかぶれてしまう人、お子さんやお年寄りの方などにおすすめのマスクだと言えるでしょう。



使い捨てマスク(不織布マスク)


⚫︎ウィルス効果:◎
⚫︎経済面:△
⚫︎保湿力:△
⚫︎つけ心地:○
⚫︎防寒:○



使い捨てマスクは文字通り使い捨てのため、コスパは長期的に見れば今日かかりますが、毎回清潔に使えて、ウィルスへの効果も高いです。



風除けになるので防寒対策にもなりますし、最近は使い捨てマスクでもいいものがたくさん出回っていて、ピタッと顔にできるだけマスクがくっつくようになっているものもあります。




結論、使い捨てマスクはウィルスをできるだけ排除したい、毎日清潔なマスクをつけていたい、という人におすすめなマスクと言えるでしょう。



ガーゼマスクと使い捨てマスクまとめ


今回、マスクがなくなる原因となっているコロナウィルスは大きさが0.1μm程度の大きさだと言われています。



これだと、使い捨てマスクやガーゼマスクを使ったとしても、あんまり効果がないんじゃないか、と思われる方も多いと思いますが、それは違います。



例えば人混みの中や人が多い所に出かけたとして、その中にコロナウィルスに感染した人が近くにいたとます。



その時、ちゃんと自分がマスクをしていれば、そのウイルスを含んだ唾液や鼻水といった飛散物をブロックするには十分な効果を発揮します。これだけでもだいぶ安心です。




また、マスクをしていることで、冷たく乾燥した空気を吸い込むことが短くなるので、その結果、気道粘膜の免疫が低下を防ぎ、風邪やインウイルスによる感染・発症を起こしにくくすることができます。




とはいえ、冒頭でも言った通り、マスクは完全な予防手段ではないため、マスクを清潔に保って使いつつ、手洗いやうがいなどの対策もしっかりするようにしましょう。



今一番の人気記事です。私はこれで節約してかなり貯金増えました↓

あわせてよみたい



応援クリックしてくれたら、
泣いて喜びます↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村