ズボラ主婦の戦闘記録

ブログ運営から家計や育児のこと、主婦の戦闘記録を残していきます。

【ママ必見】子どもが勉強しない?勉強嫌いをなくすために今すること


子どもには、できることなら頭がいい方であってほしいなぁ。勉強嫌いじゃなくて、自分から勉強してくれるような子になってほしいけど、どうしたらそんな子になるんだろう?



今回はママなら誰しも願うであろう、
そんな切実な疑問にお答えします。



そんな私は子どもを産むまでは、8年間ほど教育関係の仕事をしていました。小学生の子ども達とたくさん関わってきた中で、分かったことを今回はご紹介していきます。



(あ、学校の先生じゃないですよ)




「子どもが勉強しない!」をなくすために今すること


子どもが勉強しない!をなくすために、今すべきことは「1日5分間でもいいから机に向かう習慣をつける」ことです。



朝起きてすぐでも、夜寝る前でもタイミングは自分のできる時間で構いません。とにかく、毎日同じ時間帯に机に向かう習慣をつけることが大切です。


なぜ習慣をつける必要があるのか?


それはズバリ、勉強習慣がある子こそがあと伸びする子だからです。


私も教育関係で勉強の一環で様々な教育関係の本を読みましたが、やはり大半数の著者が学習習慣の大切さと、学習習慣があることで子ども達があと伸びをすることを説いています。



子どもは遊ぶのが大好き、楽しいことをしたい生き物です。だからこそ、勉強を嫌煙しがちですが、歯磨きをするのと一緒で、毎日の当たり前の習慣にしてしまえば、勉強をしない!なんてことにはなりません。



勉強が難しくなり、子どもが勉強嫌いになる時期は小学校高学年からが多いです。ここで、差がつきます。



あと伸びする子と勉強嫌いになってしまう子。学習習慣をつけて土台を身につけておけば、高学年からしっかり伸びます。


具体的な勉強嫌いをなくす方法


それでは、具体的に学習習慣を身につける方法をまとめていきます。


何歳から?


何歳からすればいいのか?迷いますよね。3歳ぐらいまではまだお昼寝だったり、体調も日々変化したりするので、机である程度決まった時間に5分ぐらいママと一緒に机で絵を描く、程度でいいと思います。



ただ、無理をする必要はありません。3歳まではたくさん遊ぶのが大事です。泣いて嫌がるのを強制して机に向かわせるのは逆効果。子どもが机で何かするのを楽しそうにしているなら、どうせなら決まった時間に、、程度です。



我が子は年中さんになった4月から、「もう年中さんだし、お兄ちゃんになる練習しよっか」と言って始めました。



学年の切り替わりは心機一転するのにぴったりです。他にもお誕生日、月の変わり目、なんでもいいです。子どものやる気をあげる言葉で習慣化を促しましょう。



え、うちの子もう年中過ぎた!!と思ってるお母さん、大丈夫です。年長さんでも、小学校低学年でも、間に合います。早速、机に向かうことを習慣化させる環境を整えましょう。



高学年になるとまた対処法が違ってくるので、それはまた今度、お話します。


時間を決める


次に、机に向かう時間を決めましょう。これはそれぞれの家庭のスケジュールがあると思うので、その中で親も子もストレスにならない時間がいいです。



我が家の場合は、「朝起きてすぐ」の時間を習慣にしています。



朝は私が朝ごはんを支度している間に、長男は自分で準備して、机で勉強しています。時間は15分ほどですが、集中力が続くお子さんからもう少し時間を伸ばしても大丈夫です。


長男はまだ年長ですが、小学生になったら、少しずつ時間を長くしていく予定です。



机でなにをするの?


私はスマイルゼミのタブレット学習を利用していますが、これ、なかなか効果あります。
サイト: ◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】



スマイルゼミの詳しい解説、効果はあったのか?などの検証はこちらの記事にまとめてあります。
参考:スマイルゼミのタブレット学習の効果は?



その他のおすすめコンテンツ


私はスマイルゼミのコンテンツを最終的に選びましたが、ギリギリまで迷っていたものがいくつかあるので、合わせてご紹介します。



1つだけの資料を見て判断するのは危険です。いくつかの資料を横に並べて、我が子に合うものを判断することが、後悔しない、1番正しい決断に繋がります。


Z会の通信教育


教材でも有名なZ会。年少さんから幼児コースを受講できるので、早めに始めたい人におすすめ。大学受験までコースがあるのもすごい。



そして、なんといっても、このコースは教育内容がハイレベル。難しい、という意味ではなく、子どものその時期にあったコンテンツが用意されていて、私も教育関係者として非常に興味深かったです。



詳しく知りたい方はこちらも資料請求が無料でできるので、まずは資料を見てみてください。
【幼児コース】: Z会 幼児コース

【小学生コース】: Z会 小学生向け講座




合わせて、小学生のお子さんのママはこちらのZ会のプログラミング教室の資料も見ておいた方がいいです。
公式サイト: 無料資料を取り寄せる【Z会プログラミング講座】


これからますますプログラミングが重要視されてくるので、プログラミング教室に通う、通わないは別にして、こういう情報は子どものためにも、親がしっかり仕入れておきましょう。


ここの資料は他のところより、分かりやすく、読みやすかったですよ。


個別学習塾スタンダード


机に向かう習慣がどうしても難しそうな子なら、こういう学習塾もあり。私は通わせる気はなかったですが、参考のために資料を請求しました。



ここ何年かで教育内容もガラリと変わっているので、こういった教育情報を常に仕入れている塾の最新の資料を見ておくことは、後々、子どものためになります。
公式サイト: 無料資料を取り寄せる【Z会プログラミング講座】


ここの資料も大変参考になりました。


まとめ


子どもが勉強しない、勉強嫌いをなくすためには、まず机に向かう習慣をつけて、机に向かうことに対する抵抗をなくすことが大切です。



スマイルゼミのタブレット学習は子どもが飽きない工夫、やれば確実に楽しめるコンテンツが満載なので、我が子は朝起きてすぐ「スマイルゼミやりたい!!」と自ら机に向かうようになりました。



思わず、机に向かいたくなるコンテンツを用意しておくことも、学習を習慣化させる鍵です。



高学年になってからだと、正直、学習を習慣化させることが幼児期や低学年の時に比べると、だいぶ難しくなります。



小学低学年だからもう遅い?たった数ヶ月でも、やってみるのとやらないのとでは大違い。まずは、ぜひ挑戦してみてください。
公式サイト: ◆スマイルゼミ◆





応援クリックしてくれたら、
泣いて喜びます!!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村