ズボラ主婦の戦闘記録

ブログ運営から家計や育児のこと、主婦の戦闘記録を残していきます。

【2人目妊娠】年子で妊娠した体験談。つわりは?産休は?上の子は?



2人目妊娠で年子って実際どうなの?つわりは?上の子いるし大変なの?産休もどうしたらいいの?



今回はそんな疑問にお答えします。




そんな私は3人の子どもを年子で産んだママです。1人目の産休中に2人目を妊娠し、2人目の産休中に3人目を授かりました。



今回はそんな私の実際の体験談をもとに、2人目年子妊娠の現実をご紹介していきます。
関連記事:2人目妊活を始めて3ヶ月で妊娠した方法





2人目妊娠!つわりは?



正直な話、つわりは1人目の時よりキツかったです。理由はズバリ、上の子がいるからです。



特に年子だと上の子がまだ離乳食の時に下の子を妊娠することになります。私の場合、1人目が生後7,8ヶ月頃に妊娠したので、離乳食の匂いがダメで吐きそうなりながらご飯をあげていました。。



離乳食ストックを作る時も、野菜の煮込む匂いに吐き気を催し、辛かった記憶があります。


つわりの対処法


私はあまりに辛かったので、1人目の子を一時預かりの保育園に預けたり、離乳食は旦那に任せるなど、周りに助けてもらいました。


私が住んでいるところは待機児童100人の地区ですが、一時預かりは比較的受け入れてくれるところが多く、そういったところを1つでも見つけておくと、何かあった時に便利です。



年子で2人目妊娠した時の産休・育休は?



私は1人目の育休の時に2人目を妊娠しましたが、結論、1人目が1歳になった時に復帰をして、3ヶ月だけ働き、また2人目の産休をもらうことができました。



もちろん、1人目の育休を延長して、仕事復帰せず、そのままま産休に入ることもできましたが、この場合だともし、3人年子で産んだ時に手当てがもらえない可能性があったため、復帰しました。
参考:連続で産休をとった時の育児手当はどうなる?



幸い、会社が理解あるところだったので、復帰後は時短勤務で妊娠34週の時に産休へ。



ただ、時短勤務で働いたので、その分給料が減り、2人目の育休手当ての額がだいぶ減ってしまったのは辛かったです。まぁ、もらえるだけありがたいと、開き直りました(涙)


2人目妊娠した時の上の子は?



妊娠すると身体の自由がきかなくなり、上の子への対応も難しくなりますよね。



なるべく上の子の抱っこは控えるように、とは言われましたが、年子だとそうはいかず、結局、お腹が張ったりしてない時は、普通に抱っこしていました。



私は上の子を抱っこし続けても特に問題はありませんでしたが、お腹が張りやすかったり、出血があったりした場合は、抱っこは控え、産婦人科を受診することをおすすめします。



また、我が家の場合、上の子が遊びたい盛りだったので、どうしてもお腹がきつくて、遊びに付き合えない時は前の項目にも書いたように、保育園の一時預かりを利用しました。



2人目妊娠。年子の現実まとめ



年子で2人目を妊娠すると、つわりや上の子問題でなかなか辛い時もありますし、産後も不安なことが多いと思います。
参考:年子育児のメリット・デメリットまとめ。年子は辛い?



ただ、これは嘘ではなく、年子めちゃくちゃ可愛いです。大変なこともたくさんありますが、私は3人とも年子で産んでよかったと、常日頃そう思っています。



年子育児を乗り切る便利グッズも今やたくさん売ってありますし、私は1人目を2歳の時から幼稚園に入園させたので、周りの協力を得ながら
どんどん年子育児が楽になり、今はこうやって記事を書けるほど生活に余裕があります。
関連記事:年子育児の便利グッズ!2人乗りベビーカーおすすめ3選



年子、意外と悪くないですよ。こんな適当でズボラなおかんでも、3人年子、年齢が近い分3人の絆が強くて、勝手に遊んでくれてるので、今も仲良くのびのびと今も育ってくれています。ありがたい話です。




今一番の人気記事です。育児でお金が心配な方はこちらの節約術試してみてください。↓

あわせてよみたい



応援クリックしてくれたら、
泣いて喜びます!!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村